美しい地球の未来を考える 公協グループ

「循環型社会システム」を目指す


公協グループ的リサイクル論

公協グループは、昭和48年の会社設立当時から、産業廃棄物の埋立処理を一切行っていません。すべてリサイクルで対応してきました。お客様の産業廃棄物を分析・研究して工夫に工夫を重ねてリサイクルができるようにしていきます。
たとえば、自動車の塗装工程で発生する塗装カスの処分に困っていたケースでは、混合処理をしてセメントの副原料とすることで有害物の発生がゼロに抑えられ、なおかつコストダウンにも貢献しました。以前はやむなく燃焼処分していたお客様ですが、環境保全に貢献ができたことに、たいへん満足していただきました。
私たちの仕事は、すべて環境改善につながる内容です。仕事をすればするほど、世の中の役に立つ。シンプルでやりがいのあるビジネスです。

リサイクルに積極的に取り組む企業が公協グループのお客様です。その<産業廃棄物への対面姿勢>という側面から企業を見ると、企業のモラルや責任感といったものがよくわかります。企業の本質さえ、透けて見えます。 見せかけの優良企業ではなく、しっかりとした業績と高い企業モラルを持ったたくさんの企業との出会い。環境ビジネスを通じて、自分の成長を実感できます。

産業廃棄物をリサイクルできるようにするには、大変な工夫が必要です。なにしろ使えなくなったものに対し、もう一度活用の道を探すのですから。 ある企業の産業廃棄物を加工して、別の企業の原料に活用する技術。一見矛盾するように思える、水と油を混ぜて燃料に再加工する技術、などなど・・・。こうした研究開発力こそ公協グループの強みです。既成概念に捉われていては、なかなかできません。自由な発想で、いろいろな工夫を重ねます。研究開発部門、営業部門、そしてお客様との連携で課題を解決していきます。公協産業らしい、創意工夫が発揮され、ダイナミックな仕事の手応えを感じることのできるワークスタイルです。

先輩社員インタビュー/募集要項