2013.10[Vol.101]

公協グループホットニュース
日本土壌肥料学会(2013年度名古屋大会)にて研究成果発表
9月11日(水)から13日(金)に名古屋大学東山キャンパスで開催された日本土壌肥料学会にて
公協産業㈱研究開発課が秋田県立大学と共同で行っている実証実験の結果について発表しました。

低コストメタン発酵プラントの開発

本研究は、平成23年度農林水産省
「緑と水の環境技術革命プロジェクト事業」を活用し、
秋田県立大学及び秋田市と共同で実施しています。


新たにecoピープル4名誕生しました。

エコピープル認定7月21日(日)に全国で実施されたeco検定で、公協グループより4名が合格。新たにecoピープルの仲間入りしました。
公協グループは、社是「美しい地球の未来を考える」を実践するために、eco検定の受験を積極的に推し進め、eco検定推進企業にも登録しています。

9月20日現在、公協グループ全体で35名のecoピープルが在籍しています。


優良産廃処理業者の認定~公協産業~
優良産廃処理業者の認定~公協産業~愛知県、三重県、大阪府、兵庫県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、徳島県及び香川県で優良産廃処理業者の認定をいただきました。また、新たに福井県で産業廃棄収集運搬業の許可を取得しました。
これで、全許可(22府県市・45件<処分業及び収集運搬業>のうち、14府県市・28件での優良取得となりました。

 これからも公協グループは、事業展開を通して
 健全な地球環境の保全に向けて最善を尽くし、
 社会への貢献を果たしていきます。