美しい地球の未来を考える 公協グループ

「循環型社会システム」を目指す


SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も積極的に取り組んでいます。

SDGsへの取り組み

持続可能な会社経営で成長

年度方針で掲げる目標及びスローガンを社員一丸で取り組み、持続可能な会社経営を実現し経済成長に貢献します。

社員一人ひとりが、より安全・安心な働きがいのある労働環境の構築を目指します。


天然資源の消費削減に貢献

「美しい地球の未来を考える」の理念に基づき、循環型社会の構築に携わる当社事業において、幅広く適正処理を推進し、廃棄物からの再生燃料およびリサイクルの拡大で天然資源の消費削減に貢献します。

私たちは、『美しい地球の未来を考える』という環境基本理念に基づき、 リサイクル事業を通じて積極的に持続可能な開発目標SDGsに取組みます。

 作った時・使った後に出る廃棄物を適正に処理することで 製品ライフサイクルにおける「つくる責任」「つかう責任」を果たす役割を担っています。

 大きな会社ではありませんが、大きな使命を持って活動しています。
持続可能な美しい地球の未来のために。