美しい地球の未来を考える 公協グループ

「循環型社会システム」を目指す



かけがえのない生命の星、地球
cosmos そこに住む私たちは常に「快適さ」を求め続け、その結果、文明や科学技術の限りない発展を手にしてきました。しかしその反動として、いまや地球は傷つき、悲痛な叫び声をあげています。私たちが今なすべきこと。それは地球の声に耳を傾け、私たちの次の世代へ、健全な地球環境を残し、伝えることです。私たち公協グループは、明日のために現在を生きています。有効なリサイクル事業と産業廃棄物処理のパイオニアとして、40年余の歴史の中で培ってきたノウハウと知恵を生かし、地球環境にやさしい「循環型社会システム」づくりに貢献しています。
かけがえのない生命の星、地球
産業廃棄物をもう一度原料に 私ども公協グループの基幹である公協産業は、昭和48年の会社設立当時から、産業廃棄物の埋立処理を一切行うことなく、リサイクルをテーマに、事業展開を行ってきました。なにより、「埋立処理」がもたらす周辺環境への影響を配慮しての決断でした。 <廃油の回収>&<ボイラー燃料へのリサイクル>事業を皮切りに数多くの実績をあげ、まもなく、セメント業界の製造プロセスに、産業廃棄物の処理とリサイクルを取り込めることに着目。以来、セメント業界と一体となって、さまざまな業界が抱える産業廃棄物処理とリサイクルの課題解決に取り組み、業界をリードするノウハウを蓄積しています。
コンサルティングワーク
産業廃棄物の処理およびリサイクルにまつわる課題は、それぞれの業種によって大きく事情が異なります。その解決策は、いわばオーダーメイドでなければなりません。そこで当社は企業各位のトータルソリューション(総合課題解決)実現のために、入念なヒアリングから始まるコンサルティングを基本としています。
コンサルティングワーク

よくある質問
産業廃棄物の再資源化フロー
産業廃棄物の再資源化フロー
弊社は産業廃棄物の完全処理をしており、埋め立てはいっさいしておりません。
セメント製造工程は、優秀な産業廃棄物処理プラント
高知工場産業廃棄物の再資源化をめざす当社は、早くからセメントメーカーと提携して、この課題解決に取り組んできました。セメント製造プロセスのひとつ「焼成」工程では、じつに1450度という高温で連続処理を行います。この焼成工程を活用することにより、ダイオキシン類をはじめとする有害物質が発生しない処理が可能となり、また、埋立処理をしなければならない燃えかす類の排出を防止することが可能になります。

●セメント副原料として利用
セメント原料と組成が似ている石炭灰、汚泥、焼却灰、鉱さい、そのほか廃活性炭、塗料カスなどは、セメント原料の一部として再資源化されます。
●セメント燃料として利用
高い発熱量を持つ廃タイヤ、廃油、廃プラスチックなどは、セメント製造用燃料の一部として再資源化されます。これらの可燃性廃棄物は、セメントキルン内で高温燃焼されるので大気汚染の心配もなく、また一般焼却炉では二次廃棄物として排出される焼却残渣も原料として再資源化されます。
セメント工場再資源化フロー
産業廃棄物の再資源化に関するお問い合わせはこちらまで。お気軽にお問い合わせください。
【公協産業株式会社】
TEL.086-278-9770(代)
【公協産業株式会社高知工場】
TEL/FAX.0889-42-1833